カテゴリ:6年
6年 命を守るための授業

RIMG2372の2.jpg

RIMG2375の2.jpg

7月16日(火)に、着衣水泳を行いました。着衣水泳は、「服を着たまま泳げる力を身に付ける」ことがめあてではなく、「水に落ちた時に命が助かるための方法」を学ぶ授業です。
 大切なことは、「1、呼吸ができる体勢になる」 「2、体力を使わないように静かに待つ」 です。
服を使ったり、身近なペットボトルやビニル袋を使ったりして、仰向けに静かに浮き、助けを待つ方法を学びました。
 また、クロールよりも平泳ぎのほうが泳ぎやすいこと、陸に上がっても動きにくいこと、水の中で服を脱ぐことは難しいこと、飛び込んだり、水に落ちたりすると視界が奪われることなども学びました。

公開日:2019年08月30日 15:00:00
更新日:2019年09月04日 13:58:34